北九州市にも多くの原発避難者がおられます。私も福島の子どもたちの保養やお話会などを行ってきました。九州玄海訴訟の原告のひとりでもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です