自宅待機では容体急変が起きる可能性もあり、大変深刻な状況です。みんなで力を合わせて危機を乗り越えましょう。医療を守りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です